保険年齢とは

保険見直しをする際に、一歳でも若いうちに契約をした方が良いという事を知っている人も多いでしょう。そのた誕生日が近づくと保険見直しをしようと行動する人もいます。しかし実際に保険会社で見積もりをしていると誕生日前なのに既に一歳年が増えている状態で保険料が算出されています。

誕生日前なのになぜと感じる人もいるでしょう。これは保険会社ならではの保険年齢というものが適応されるからです。意外にもこの保険年齢に関して知っている人が少なく事前に知っておくことで少しでも保険料を安い状態で契約することができます。

保険年齢とは実際の誕生日の前後6ヵ月で年齢が変わる事を指します。30歳7か月の人は保険年齢でいうと一切繰り上げられ31歳としてみなされます。そして31歳と5カ月までは保険年齢が31歳として考えられます。そのため今の実年齢で保険料を算出してもらいたい場合は、誕生日から5か月後までに保険の契約をする必要があります。それ以降に契約をしてしまうと一歳年を取った状態になり、保険料が1歳分高くなってしまいます。

自分の誕生日を意識している人が多いですが保険年齢を知っておくことで保険見直しのタイミングを決める事ができます。ついいつでもいいやと思いがちになってしまいますが、少しでも安くするためにいつまでといういい区切りになります。