若いほど保険が安い?

保険見直しが注目されている中で、特に子育て世代の若い家庭は今加入している保険で本当にいいのか確かめておく必要があります。今では共働きの夫婦が増え、現状を振り返る時間が持てない人もいます。保険は何かしら加入しているから大丈夫と思っていても、見直してみると保障がこれしかないと焦る人もいるでしょう。

子育て世代にとって世帯主に万が一のことが起きると、子供の将来の教育費など不安になる事がとても多くなります。毎日の生活が精一杯で将来に対する貯金などできる余裕が持てなくなります。そうなってから後悔するのでは遅い為、万が一に備えて若いうちから保険を見直す必要があります。

なぜなら若いうちは病気や怪我などで保険料を受け取る可能性がとても低い為、保険料を安く設定しています。その代わり年齢を重ねるごとに怪我や生活習慣病、がんなどのリスクが上がってきます。保険会社にとっては保険料を支払う可能性が増えてくるため、保険料をあげなくてはいけません。

また保険の中でも貯蓄性が高いものに関しては払込年齢が決まっているものが多いです。60歳や65歳までに何年あるかによって保険料が決まります。保険の支払期間が長ければ長いほど毎月の負担額が少ない為、若いうちに見直す事で保険料を安くすることができます。