保険見直しの時期

何かしらの生命保険に加入しているという人が多いでしょう、保険はどれでも加入しておけば安心という訳ではありません。年齢や家族構成の変化など人生の節目を迎えた際に保険見直しを行うのがいいでしょう。両親から独立して社会人になった時に保険に入る人、結婚して家庭を持ったとき、子供が生まれるなど長い人生においていろんな節目があります。人生の節目は人によって結婚のタイミングなども異なるので一概にいつが見直し時期とは言い切れません。しかし年齢だけは必ず一年に一歳は年を取っていきます。そのため保険を見直すためには年齢を一つの基準にするといいでしょう。

特に若いうちは大きな病気にかかるリスクが少ないという事が解っています。しかし40代から50代にかけて長年の生活習慣の影響などにより、糖尿病、肥満、心疾患、内臓の疾患などいろんな病気のリスクが高まります。すると保険会社にとっては、死亡や入院手術などにより保険金を支払う可能性が高まってきます。病気になり易い年代になると保険料を支払うリスクが高くなる為、保険料も高く設定されてしまいます。

これらの事を考えると若いうちから終身タイプの保険に加入する事で一生涯同じ金額で保障を受ける事ができます。ただしその保険がいつまでも今の自分に適しているとは限りません。時代の流れと共に保険も見直されより充実している保険も増えています。加入している保険と今の保険を比べて不利益だと感じる部分があれば、早い年齢の中に保険見直しをする事で保険料が安くなります。